myストーリー⑲・今思うこと、商売を通して学べていること



言葉は世界をつくります。
自分の言葉を表現すればするほど
その世界が出来上がり、
その世界に一緒にいたい人が
自然と集まります。

ふりかえると

周りの目なんか気にせずに
自分の思いをそのまま
カッコつけた言葉なんか思わずに
そのまま表現できていた時期と
まったく表現できなくなった時期と
表現できてはいたけれど
誰かの言葉を表現していたことに
気がつかなかった時期がありました。


自分の言葉のまま表現できていた時
思ってもみないご縁、出会いがあり
それによって出会いが変わり、
経験できることが変わり
入ってくる情報も、
人間関係も変わって
想像を超えた未来が引き寄せられていました。


まったく表現できなくなった時
ブログなどが書けなくなったとき
どの言葉を使っても自分の言葉じゃなくて
自分の中から出てきていない感覚で
日記のように書くことはできても
外へ、誰かの目に触れるところにまで出すことができなくて。

実はこの
表現できなかった時期は
人の目が気になるからだと思っていたけれど

自分の人生があることに気がつき始めていた時

ダメだ〜って
自己否定してばかりだった時は
このまま他人の人生歩いてちゃ
ダメだーって思っていたんだな。

表現ができていたけれど
誰かの言葉になってしまっていた時
来るお客さんにとっても違和感があったり
この人、ウチのお客さんじゃない、
そんな感覚だったり。

繰り返しになりますが


言葉は世界をつくります。
自分の言葉を表現すればするほど
その世界が出来上がり、
その世界に一緒にいたい人が
自然と集まります。

だから
誰かの言葉を使ってしまっていると
その誰かの言葉に集まってきた人が
自分のところへ集まるわけですから
心地の良い関係性になるわけがない!


なのにお客さんのせいにしてばかりでした
なんでこんな人が来ちゃうかな!
他に行けばいいのに!とか内心思ってました。
でも収入のために断れず、受け入れてました。


関わる人と一緒に豊かになっていくためにも
自分の言葉で体験経験、感じたこと
そこから学んだことを言葉にすること

文章の上手い下手ではなく
自分の言葉になっていること

経験の中から出てきている言葉は
どんな言葉でも届きます。

そんな中で私が、自分で仕事をする
商売をするということを通じて
学べてきたことがたくさんあります。

それをお伝えすることが真の私の価値だと
ようやくそこにたどり着けました。

タイマッサージもすべてここに通じていた
手段の一つだったと思います。


商売を通して学べたことがあります。


・満たされた状態でなければ誰かから奪ってしまうということ

・幸せを感じるココロにも段階があるということ

幸せだけを求めてるままだと「自己満足」で終わるということ
・幸せのその上の概念に豊かさがあるということ

・幸せは自分止まりで自分一人で味わえるけれど
豊かさは「相手」がいないと感じられないこと
人とのつながりの間にしか、ココロとオカネの豊かさは存在しないこと

・常に全体像・全体図から物を見て、細かいことは後で理解する
そういうものの見方をしていくこと
大きな流れ、大きな視点でまず物事をつかむこと
抽象⇄具体の視点の行き来
まずは木を見てから枝葉末節、という物の見方をすること

・商売とは「相手」がいてセットであるということ
・世の中常に二つの物事がセットで同時に起きているということ
(お金を出したなら、入ってきているものがある、など)


まだまだたくさんありますが
これらは「人生が豊かになるという考え方」のほんの一部。

商売をするという生き方の中で
人生が豊かになっていく視点を学べていたのでした。

このブログを通して
自分の言葉を見つけたり
自分の気持ちに気がついたり
想いを掘り起こしたり

自分の価値や魅力を見出し
自信を持って相手に伝えられる言葉にできるような

そんなヒントを私の経験も交えて
お届けしていきますね。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です