自信がつくためには小さな積み重ね

*2017年、アメブロ記事での修正アップです

今のあなたは自分に自信がある?それともない?

**

それだけの知識があったら

それで商売したらいいじゃないですか〜!

と、ある人に言いました。

いや、私なんでまだまだですよ

お金をいただけるレベルじゃないです。

でもそれを仕事にしたいんでしょ??

じゃ、お金いただかなくても

無料でその知識・体験をブログでも開設して書いたらいいじゃないですか〜。

求めている人、いますよ〜。

いや、私の知識や体験なんて・・・

人に何か伝えるにはもっと知識つけなきゃ

経験積まないとダメですよ。

あら?

そう?

わたし

タイから帰国して

初めてタイマッサージを他人にやった時は「無料」でした。

その人が

もう一回やってもらいたいから「値段」をつけてくれと言いました。

じゃ、500円いただいてもいい?

500円でやりました。

これだけやってもらって500円はおかしいよ〜

あら?そう?おかしいなら

じゃ、次は1,000円いただくよ。

友達にも紹介したいから・・・

1,000円だと紹介しにくいよ〜

あら?そう?じゃ、2,000円いただくわ

***

実はあの時

自分から料金をつける自信はなかったんです。

練習をさせてくれという名目で「無料」にしたのです。

でも

やれることをやってみたら周りが「価値の交換」で値段をつけてくれました。

500円でもとっても嬉しかった〜!

(これはのちに承認欲求が満たされていくことだと知ります)

その「交換する現金の量」の大きさに自信がついて行ったのも本音です。

500円でも、それを受け取って自信貯金にしていく。

小さな一歩がなければ

10万円受け取っても、こんな私が10万もいただいていいのだろうか・・って

ずっとずっと不安だらけ。

私はこの「小さなことの積み重ね」をとっても大事にしています。

小さなことに対して、とっても丁寧に時間を使います。

時間がかかっても確実な基礎の元にお家が建つ感じです。

***

どれだけ知識をつけてから○○にチャレンジしてもいいと思うし

まだまだもっと体験・経験を積んでからと思ってもよし。

でもその根底が

不安や足りなさからきているものならば、どれだけ頑張っても足らないままだよ。

こんな知識量の私じゃダメだから=足りないから

もっと学んでから。

というスタートだと、ずっとずっと「不足感」を埋めるだけの行動にしかならないから

ずっと不安で、ずっと苦しむ。

もっと知識量をつけたい!が

やれることをやりながら、アウトプットしながら

目の前の誰かのために、もっとこんなことを伝えてあげたい♬という喜びや満ち足りた感がスタートならば、お互いの喜びや成長がらせん状に広がってく。

***

こんなことを知っていてやってきたわけではないけれど・・

常に誰かのサポートが入って

それを受け取って

誰かに与えて

そう

いつだってシンプル

準備不足で

失敗と思えば失敗だけど

うまくいかなかったと思えば、うまくいくやり方を練り直せばいいだけ

それはお金では買えない体験になる

私も、そんな財産ならいっぱいあるよ爆  笑

その小さな一件「負」とも見えるような財産が(過去の体験・経験)

とっても大きな充実感となって、今、返ってきているよ。

それが誰かの役にも立っている。

身体も同じ

小さな小さな無理や、意に反した気持ちを積み重ねて

違和感として現れ。

さらに積み重なれば

それだけでなく「病気」という形でメッセージをくれているんじゃないかな。

いい加減に自分の本音に素直に生きなよ!って。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です