プロフィールストーリー・私が私を出せなかった頃編③

このストーリーは2015年出会った、個人事業主のプロフィールストーリーを書くお仕事をしていきたいという方が書いてくださった記事です。

こんな風に書いてくださっていますが・・

私は自分を表現することが人の目を気にしてできずにいる頃でした。

今、読み返すと表現が肩書きや評価重視な表現だなあ〜
きっと私がそんな風に語ったんだろうな(笑)

===========

タイからの帰国後は、東京の老舗マッサージサロンに併設されていたスクールで日本人向けの技術や接客を学びました。

そしてそのご縁で、タイ式マッサージサロンで働き始めました。

1年 前まで専業主婦でモヤモヤしていた私からしたら、ビックリするほどの変化!

実際にお客さまに施術を始めると、自分に足りないところとか、もっと勉強したいと思うところが出てきます。

タイ式マッサージの世界は、「働く」「休みを取って学ぶ」を繰り返すことが割と普通だったので、私もお仕事のおやすみをもらい、自分に足りないところを補いに、東京にあるサロン併設スクールで1ヶ月ほど学ぶことにしました。

授業には、ペアになって練習をして、お互いの施術のフィードバックをするという時間がありました。

私の感想を取り入れて上手になっていくペアの相手を見て、

「教える」「伝える」喜びを感じてしまった私は、いつかアシスタントでもできたら・・・と淡い思いを抱えるようになりました。

すると、アシスタントを通り越して、なんと相当の好条件で講師のオファーをもらいます。

スクールでは、講師としての役割だけではなく、入校希望の方へのフォローなどもこなし、学校の収益も2倍以上に伸ばすという快挙も成し遂げました。

スクールの広告塔のようにもなり、業界ではちょっとした有名人にもなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM