myストーリー・生き方ごとを商売に活かすセラピスト物語②

*こちらの記事は
2016〜2017年に通った
商売講座の課題で書いた
プロフィールストーリーです。

こんな人生でいたくない!

そんな矢先、20代も終わりに近づいた時
元夫が交通事故に遭い、
また目が覚めたら昨日と同じ
退屈なだけの明日が来ると思っていたのに
まったく違う次の日がやってきました。
 

身体の不自由が出るかもしれない、
介護が必要な状態になるかもしれないということを
医師から告げられた時
初めて自分の心の底から

「わたし、そんな人生でいたくない!!!」
「これ以上わたし、不自由な時間を過ごしたくない!」
「この人の介護だけのためになんて生きたくない!」と
思ったことがきっかけで

じゃあ、わたしの過ごしたい人生って?
不自由じゃないってなんだろう?

その問いのまま、
大事故にあった元夫の入院
自宅介助生活が始まりました。


頼っていた元夫の経済力は
療養休暇により60%の支給になり
私の気持ちの上ではこの先の不安がさらに大きくなりましたが
目の前のことを放って自分のことは考えられず
ただひたすらパートと元夫の生活に手を貸す毎日。


パートも休みをもらわないといけないことも多くて肩身が狭く。
その上に、
出世レースから外れてしまったと
思い込む夫のメンタル状態も悪く。
繰り返す手術での入退院。


家を空けることもあまりできなかった私は
交友関係もどんどん狭くなり
唯一の交友の世界が、
転勤族の妻となった友人とともに始めた
インターネット上でのやりとりでした。

友人の夫は、
大手企業の通信事業に携わっていて
早くからインターネット業界に詳しかったのです。
今でいうブログのような記事を書くことや
ネット上でいろんな人と出会えたり
情報収集ができる世界を知っていく
きっかけとなったのです。

 

30歳になろうかという時に
元夫の心身状態が回復してきたので
負担をかけたお礼にと元夫が
私が好きだったタイ旅行へ行く旅費を
出してくれました。


数年越しで悩まされていた精神的な疲労感
介助の疲れ、満たされない気持ちのなかで
訪れたタイで受けたタイマッサージ
あまりに気持ちよく心地よく
バラバラになっていた自分が
一つに戻ったようなそんな不思議な体験をし
こんな気持ち良いことを
身近な人にもやってあげたい!
これを習いたい!チャレンジしたい!


そして一度しかない人生を悔いなく生きたい!
最期の瞬間にいい人生だったって思いたい!
そんな壮大なことが頭を巡りました。


九死に一生を得る体験をして
同じ明日が来ると思うな!を
実体験した元夫は
快く学びを応援してくれて
結婚後、初めて私を自由にしてくれたような
瞬間でした。


また、当時は独身時代にしていた旅行のことや
格安航空券での旅のことなどを
Web上に書いている中で
交流していたサイトなどから
タイに関してたくさんの情報を得ることもでき。

タイマッサージを習いたいと
決めたことを書き込むことで
現地在住の現地に詳しい人と出会えたり
実際にタイで習ってきたという人と
リアルに会って話を聞けたりと。


趣味で書いていたブログの前身の記事
web上に自己表現をすることで
得られる情報があったり
出会えるご縁がある世界を
知っていった時でもありました。
また、やりたいという事が出てきて

今まで灰色だった時間に
色がついてきたように変化し始めました。


人生って
いろどり豊かなのかもしれない
漠然とそんなことを思うのでした。

生き方ごとを商売に活かすセラピスト物語③へ続く

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です